熊本大学大学院 生命科学研究部 環境生命科学講座 公衆衛生学分野では、疫学に分子生物学の視点・技術をとりいれた分子疫学を基盤に予防医学と環境医学研究を行っています。

助教 久田 文 (Aya Hisada)

Home > 教室紹介 > 助教 久田 文 (Aya Hisada)

助教 久田 文 (Aya Hisada)

1.経歴

 2008.3  中央大学 理工学部 土木工学科 卒業
 2010.3  東京大学大学院 新領域創成科学研究科 修士課程 修了
 2013.3  東京大学大学院 新領域創成科学研究科 博士課程 修了 環境学博士
 2013.4  熊本大学大学院 生命科学研究部 公衆衛生・医療科学分野 助教


2.研究内容

 ・ 環境疫学 

【具体的な研究テーマ】
子供の発達における環境化学物質の影響に関する疫学研究
1) 早産・低出生体重児への影響因子に関する疫学研究
2) 妊婦の環境化学物質曝露による母児の内分泌系および胎児の脳発達への
     影響に関する疫学研究
3) 環境化学物質曝露および栄養素摂取の評価に有用なバイオマーカーの探索


3.学会活動

・ 日本衛生学会
・ 環境ホルモン学会
・ 日本公衆衛生学会
・ 産業衛生学会
・ 環境化学会 


4.社会活動・その他 



5.研究業績

【論文・著書・総説】

2013年 

1. Hisada A., Shimodaira K., Okai T., Watanabe K., Takemori H., Takasuga T., Noda Y., Shirakawa M., Kato N. and Yoshinaga J. Serum levels of hydroxylated PCBs, PCBs and thyroid hormone measures of Japanese pregnant women.
Environ Health Prev Med. 18: 205-214, 2013.

2. 吉永淳、久田文、米田穣、石田肇.
北海道出土人骨の鉛含有量.
日本衛生学雑誌 68: 53-57, 2013

3. Hisada A., Shimodaira K., Okai T., Watanabe K., Takemori H., Takasuga T., Koyama M., Watanabe N., Suzuki E., Shirakawa M., Noda Y., Komine Y., Ariki N., Kato N. and Yoshinaga J. Associations between Levels of Hydroxylated PCBs and PCBs in Serum of Pregnant Women and Blood Thyroid Hormone Levels and Body Size of Neonates. Int J Hyg Envir Heal. (in press)

4. Zhang J., Hisada A., Yoshinaga J., Shiraishi H., Shimodaira K., Okai T., Noda Y., Shirakawa M. and Kato N. Exposure to pyrethroids insecticides and serum levels of thyroid-related measures in pregnant women. Environ Res. (in press). 

 2012年 

1. X.Y. Qin, H. Sone, Y. Kojima, K. Mizuno, K. Ueoka, K. Muroya, M. Miyado, A. Hisada,
H. Zaha, T. Fukuda, J. Yoshinaga, J. Yonemoto, K. Kohri, Y. Hayashi, M. Fukami,
T. Ogata. Individual variation of the genetic response to bisphenol A in human foreskin fibroblast cells derived from cryptorchidism and hypospadias patients.
PLoS One, Published online  December 28, 2012. DOI: 10.1371/journal.pone.0052756.

2. 小栗朋子, 鈴木弥生, 久田文, 吉永淳.
日本人における尿中無機ヒ素代謝産物濃度の個人内・個人間 変動.
Biomed Res Trace Elements 23: 33-39, 2012.

2011年 

1. 久田文, 鈴木弥生, 吉永淳.
尿中ヨウ素排泄濃度の個人内・個人間変動.
日本衛生学雑誌 66: 711-716, 2011.

 

▲このページのTOPに戻る