熊本大学大学院 生命科学研究部 環境生命科学講座 公衆衛生学分野では、疫学に分子生物学の視点・技術をとりいれた分子疫学を基盤に予防医学と環境医学研究を行っています。

2018年度 4年 公衆衛生学講義

Home > 講義スケジュール > 2018年度 4年 公衆衛生学講義

2018年度 4年 公衆衛生学講義






項目 内容
4/10 1 加藤 健康・疾病・障害の概念と社会環境 序論、公衆衛生・予防医学の概念
4/10 2 健康・疾病・障害の概念と社会環境 序論、健康の概念・歴史
4/17 1 加藤 疫学とその応用 因果関係論、疫学の基本概念
4/17 2 加藤 社会保障制度と医療経済 医療制度、国民医療費等
4/24 1 地域保健、地域医療 地域保健活動におけるヘルスプロモーションの活用
4/24 2 藤井 保健・医療・福祉・介護のしくみ 地域保健の実践の場としての保健所機能
5/8 1 増田 人口統計と保健統計 健康指標, 人口構造, 人口統計(人口静態,人口動態)
5/8 2 増田 人口統計と保健統計 死因統計, 生命表, 国際疾病分類(ICD10), 疾病統計
5/15 1 松井 疫学とその応用 疫学の特徴、実験的方法論との違い
5/15 2 国際保健 WHOの役割, 世界の保健、医療問題
5/22 1 松井 疫学とその応用 根拠に基づく医療の実践。診療ガイドライン
5/22 2 国際保健 国際保健活動の現状と課題、医療協力
5/29 1 松井 疫学とその応用 疫学研究で用いる指標, 疫学研究の種類と目的
5/29 2 増田 社会保障制度と医療経済 医療保険行政、災害医学
6/5 1 松井 予防医学と健康保持増進 健診プログラム、スクリーニング、臨床研究
6/5 2 増田

国民栄養と食品保健  

小テストの結果

食品衛生、食中毒、サーベイランス
6/12 1 皆本 環境保健 環境保健総論、環境把握、アセスメント
6/12 2 皆本 環境保健 環境管理、地球環境・地域環境と関連疾患
6/19 1 加藤 環境保健 毒性学概論・総論、基準値の設定
6/19 2 加藤 成人保健の課題 行動医学, ヘルスプロモーション, 人の行動決定原理
6/26 1 高野 学校保健総論 様々な学校保健活動・生徒のQOL評価
6/26 2 古川 予防医学と健康保持増進 メタボリックシンドローム・特定健診・特定保健指導
6/26 3 大森 産業保健 産業保健総論・実践的活動
6/26 4 加藤 産業保健 過重労働対策、産業ストレスとストレスコーピング
6/27 1 皆本 感染症対策 感染症の疫学と予防対策、感染症法、検疫法
6/27 2 皆本 感染症対策 医療機関における感染症、事故対策
6/28 1 母子保健・小児保健 母子の健康、小児コホート研究
6/28 2 母子保健・小児保健 小児保健における予防接種の意義と内容、児童虐待、移行期医療の現状と課題
6/28 3 井形 精神保健福祉 精神保健と健康・ストレス対策
6/28 4 井形 精神保健福祉 自殺問題と自殺予防・ストレスコーピング
6/29 1 谷口 地域保健、地域医療 地域保健に関する制度、法律
6/29 2 谷口 地域保健、地域医療C甘:中本 医療計画、地域医療構想、地域包括ケアシステム
6/29 3 谷口 保健・医療・福祉・介護のしくみ担当:睫 大都会における保健活動と介護予防
6/29 4 谷口 予防医学と健康保持増進C甘:佐土原 ライフスタイルと健康保持増進、ライフスタイルのアセスメント
7/3 1 加藤 産業保健 作業病態に起因する障害、物理的環境・温度・湿度・騒音等
7/3 2 加藤 産業保健 産業安全衛生マネージメントシステム、労働災害、皮膚アレルギー等
7/3 3 大森 予防医学と健康維持増進 予防医学と健康増進, 生活習慣病とリスク要因
7/3 4 三原 トピック 〃鮃診断の実際 健康診断(がん検診)の実際
7/4 1 皆本 保健・医療・福祉・介護の仕組み 医療従事者の資格免許、業務範囲。職域間連携
7/4 2 地域保健、地域医療 農村保健の現状と課題
7/5 1 皆本 高齢者保健 高齢者福祉と高齢者医療の特徴
7/5 2 蓮田 トピック◆,海Δ里箸蠅里罎蠅ご こうのとりのゆりかごをめぐる現状と課題
7/5 3 トピック 統計学 基本保健統計学、サンプル数
7/5 4 吉田 トピックぁ々餾殃欸鬚慮従と課題 感染症、国際保健に関する現状
7/6 1 都竹 予防医学と健康維持増進 身体活動が生活習慣病, 老年病の発生予防に及ぼす影響
7/6 2 トピックァJICAプログラムの紹介 タイにおける知的障がい児支援人材育成プロジェクト
7/6 3 岩崎 トピックΑ〆膿靴里んの疫学と予防 最新のがん疫学とがん予防
7/6 4 欅田 トピックА(射線衛生学 放射線衛生学の総論・各論、事故事例紹介
◆授業時間    
1時限(8:45〜10:15)    
2時限(10:30〜12:00)    
3時限(13:15〜14:45)    
4時限(15:00〜16:30)    

▲このページのTOPに戻る