熊本大学大学院 生命科学研究部 環境生命科学講座 公衆衛生学分野では、疫学に分子生物学の視点・技術をとりいれた分子疫学を基盤に予防医学と環境医学研究を行っています。

公衆衛生学セミナーの日程が更新しました!

Home >  > 公衆衛生学セミナーの日程が更新しました!

公衆衛生学セミナーの日程が更新しました! 2019-04-11

    熊本県内の公衆衛生学領域で活躍されているメディカルスタッフなど多職種が、

知見と見識の交換・共有を得る場をつくっていくことが目的です。
 
日程を更新いたしましたので、
参加者数や興味内容を参考に今後の活動につなげていきたいと思っています。
学内外を問わず、是非受講したい、学びたいという方を歓迎します。


一般市民の受講も歓迎します。出席は無料です。

 

場所熊本大学大学院生命科学研究部 基礎研究棟5階 520号室 

 
当日参加でもかまいませんが、よろしければ受講を希望される方は、下記連絡先までメールください。 
       lucyk203@kumamoto-u.ac.jp                                

熊本大学大学院 生命科学研究部 環境生命科学講座 公衆衛生学分野
860-8556 熊本県熊本市中央区本荘1丁目1番1号
TEL
096-373-5112(直通)  FAX096-373-5113
http://kumadai-publich.com

 
公衆衛生学セミナー  

開催日

講演

6:00PM-7:00PM

12
6
3日(月)

蕪 龍大 先生
目の健康と公衆衛生

13
7
1日(月)

小田 政子 先生

エコチル調査の概要とわかってきたこと
13

92日(月)

加藤 貴彦 先生
健康経営 
−産業医と事業所のそれぞれの立場からの課題
 

  第13回 小田 政子先生  「エコチル調査の概要とわかってきたこと」

「エコチル調査」のご紹介:エコチル調査とは、2011年より環境省が主体となってスタート

した10万組の子どもたちとそのご両親に参加していただく大規模な疫学調査「子どもの健康

と環境に関する全国調査(エコチル調査)」のことです。赤ちゃんがお母さんのお腹にいる

時から13歳になるまで、定期的に健康状態を調査し、環境要因が子どもたちの成長・発達

にどのような影響を与えるのかを明らかにします。エコチル調査の結果から、子どもの健康

や成長に影響を与える環境要因を明らかにし、子どもたちが健やかに成長できる環境、

安心して子育てができる環境の実現を目指してします。

▲このページのTOPに戻る